HOME > 仕事を知る > 西田で挑戦できること

西田で挑戦できること

Nishida’s Keyword: Real Estate

この街に、なくてはならない存在へ。

不動産の仕事は、人を学ぶ仕事だと私は考えています。人を学ぶ。つまり、人としてお客様に信頼していただける人間になる。不動産業というのは、その勉強の繰り返しだと思うのです。私たち不動産屋がお預かりしているには、お客様の大切な資産。自分の資産をゆだねられる人間かどうか。信頼のおける人間かどうか。常にその人の人間力が試される仕事だといえるでしょう。

何の人脈も実績も持っていない、26歳の若造がつくった小さな事務所が、今やたくさんの仲間がいる街の総合不動産会社になっている。それは、事業の拡大をやみくもに追い求めた結果ではなく、人としてどうあるべきかを考え、お客様に喜んでいただくことを地道に続けてきた結果だと思っています。この街になくてはならない総合不動産会社になるために、私たちがすべきことは、ただひとつ。どうすればお客様に喜んでいただけるか、考え続けることです。

人と人とのビジネスを、これからも続けていくために、私たちは新卒採用にも力を入れています。人づくりも、街づくりと同じ。ひとつの街ができるまでに時間がかかるように、一人の社員を育てるのにも時間がかかる。でも、そのための労力を、私たちは惜しみません。この事業を通じて、みなさんには人を学び、魅力的な人間へと成長してほしい。うちの社員がお客様にとって、なくてはならない存在になり、うちの会社がこの街にとって、なくてはならない存在になる。それが、私が描く未来です。
代表取締役
西田 光孝
Mitsutaka Nishida
代表取締役 西田 光孝

総合不動産NISHIDAだから挑戦できること

森住 翔吾のキャリアアップヒストリー

HISTORY:
一般社員として入社。営業部賃貸課へ配属となり、入社半年後には本厚木駅前店で賃貸物件の仲介業務を任される。
業務を一通りこなせるようになった入社2年目、主任に昇格するとともに店長代理に。以降、東海大学駅前店や海老名店など全店舗の店長として、エリア担当を任される。海老名店の時代には、店長をやりながら課長代理も勤めた。
2011年、賃貸課課長に昇進すると同時に本社へ戻り、翌年30歳にして営業部次長に昇進。

「我慢強さ」があれば、挑戦できるチャンスが巡ってくる

仕事に対して「きつい」と思ったことは、入社以来一度もないです。学生時代、部活で相当しごかれましたから(笑)。でも、そのときに鍛えた根性が、いま生かされています。
営業部はスタッフが多く束ねるのもたいへんですが、みんな一体感を持って互いを支え合いながら目標に向けて走り続けているので、仕事はとてもやりやすいですね。
これからも、今の仕事をさらに深堀りしていきながら、新しいエリアでの店舗展開、収益のあがる新ビジネスなどどんどん挑戦していき、地域社会にますます貢献していきたいです。そんな誰もがチャレンジができて誰にでもチャンスが巡ってくる土壌があるのも、西田コーポレーションの魅力です。
賃貸営業部 資産運用課 
森住 翔吾
Shogo Morizumi
森住 翔吾